FC2ブログ
もりたぶろぐ

JICPAの公会計協議会の部会員になりました

地方公共団体は、
説明責任の履行や財政の効率化・適正化を目的として、
原則として、平成27年度から平成29年度中に、
現在の企業会計に近い発生主義に基づく決算書を作成することになりました。
財務書類に加え、連結財務書類も作成されることになりました。
現行の現金主義に基づく予算・決算制度にプラスアルファとして、作成することになりました。
現場のご担当者はさぞ大変なことだと推測します。
大きな会計制度の流れの中で、どこかで少しでもお役に立てることができればと思っています。

10分前の出来事

ほんの10分前の出来事。
昨日、積み残したあれもこれもしなければと、パソコンの電源ボタンを押すが、反応なし。
もう一回、さらに、もう一回・・・。
これはもしかして、以前、パソコンを立ち上げたときに全面からし色の画面が出てきたときの状況?
今日の予定はどうしよう。
昨日見れなかったメールはどうしよう。
来週の準備はどうしよう。
そもそも来週のいつパソコンが使えるようになるのか。
今までパソコン上で持っていたデータはどうなるのか。
以前、バッテリー部分を一回外して、付け直したらうまく再起動した記憶があったので、わらをも掴む思いでチャレンジ。
すると、一瞬、画面が立ち上がるが、すぐに消えてしまう。えっ~。
もう大パニックに陥ってしまいました。
もしかしたら・・・最後の期待(?)を込めて、足元を確認しました。
コンセントが抜けていました・・・。
まだ喜ぶのは早いと自分に言い聞かせながら、再起動・・・。
また一つ大人になったように思います。




謙虚な気持ち?

今、国会で安保法制にかかる熱い(?)議論がなされています。
先日、私が日々利用している山科駅の駅前で、
この分野で強いといわれ、かつて民主党の代表も務めた前原氏が演説をしていました。
朝の出勤時ということもあり、誰もが足を止める人はいない中、ずっと、演説していました。
(という私も、朝はぎりぎりで電車に乗り込むので、足早に通り過ぎた一人ですが・・・)

どんな気持ちであそこで演説しているのだろう。
重要な法案に対してだれも足を止めない状況をどう思っているのだろう。

政治の難しいことはよくわかりませんが、
少なくとも、過去の栄光にとらわれることなく、謙虚な気持ちがなければ・・・
あそこで演説はできないのではないかと思いました。


名所巡り 第2弾!


教科書に出てくる名所めぐり第2弾。先日、まんが日本の歴史第4巻を片手に、奈良の平城京に行ってきました。
下記は大極殿で、その下は、大極殿からの景色です。当時の天皇はこのような景色を見ていたのですね。

奈良②


奈良①

まんがに出てくるさし絵を見せながら、「へえ~、ここかあ」と感心する二人の子供の様子に少し来てよかったなと思いました。